妊活サプリ ミトコリン

新しい角度から考える妊活サプリ「ミトコリン」

妊活に挑戦するカップルの、6組に1組、最近では5組に1組が
不妊要素を抱えていると考えられており
「なかなかできない」ことに関して、今悩んでいる
そして、これから悩むことになるカップルは珍しくありません。

 

不妊カップルの数は右肩上がりに増加し続けており
「妊活」という言葉が一般的になってきたことで
婦人科へ相談したり、妊活サプリを利用するカップルも増えてきたことから
様々な情報が、一気に広まっている時代でもあります。

 

不妊に陥ってしまう原因・事情には、様々なものが考えられますが
最近になって話題になっているものが「生殖細胞の劣化」によるものであり
高齢出産における、妊娠確率の低下は、その顕著な例と考えられます。

 

そして、その鍵を握っているのが「ミトコンドリア」であり
精子・卵子に関わる、トコンドリアに働きかけることに関しても研究が進められています。

 

その中でも、最も新しいと考えられる「ミトコンドリアサプリ」
「ミトコリン」であり、不妊・妊活にとって心強いサポートになるとして期待されています。

 

 

なぜ「不妊」が増えてきた?

 

まず最初に、「不妊が増えてきた理由」の1つが
「ミトコリン」に大きく関わるため、解説しておきたいと思います。

 

不妊で悩むカップルが増えてきた理由として、

  1. データがとられるようになったこと
  2. 高齢出産が増えたこと

 

以上の2つが、主な本質と考えられます。

 

まず、

 

妊活や<不妊治療>といったものは、非常にプライベートなものであり
ある意味で「ブラックボックス」的な要素が強かったこと
そもそも「病院に相談する」ということが、しづらかったこともあり
従来は正確なデータをとることが、難しかったと言われています。

 

つまり、「数字」としては増えていますが
昔から<潜在的な不妊カップル>は存在していたのです。

 

昨今、<妊活>という言葉が受け入れられるようになったことで
相談すること、不妊治療に踏み切るカップルが増えてきました。

 

それに伴って、「妊活サプリ」の利用も非常に浸透してきたのです。

 

 

※画像は「ミトコリン」公式ページから引用

 

「高齢出産」が当たり前になってきてしまった

 

そして、ミトコリンを利用する意味・メリット・最大の効果につながる要素が
「高齢出産」であり、<体>と<生殖細胞>の劣化と言えます。

 

20代以降は、年をとればとるほどに、妊娠確率は低下します。

 

これには男女関係なく、やはり「生殖細胞の劣化」は非常に大きな要素なのです。

 

高齢出産の定義としては、現在では「35歳以上(初産)」になっていますが
もともとは「30歳」だったものを、あまりにも割合が増えたため、変更しただけです。

 

現在の平均初産年齢は、「29.5歳」と言われており
<昔なら高齢出産>の年齢が、現在では「普通」になっているのです。

 

「不妊」の要因にはどんなものが含まれる?

 

「ミトコリン」でミトコンドリアを蘇らせる

 

年をとることが、なぜ生殖細胞の劣化につながるかといえば
その他の組織と同じく、生殖細胞を作る器官(細胞)が劣化すること
劣化した細胞からは、元気のない精子・卵子が作られることが挙げられます。

 

そしてその生殖細胞の劣化の根本には、生殖細胞を作る・動かすための
「ミトコンドリア」の量が減っていること、機能しなくなってしまっていることが考えられます。

 

 

そもそも「ミトコンドリア」とは?

 

「ミトコンドリア」とは、細胞が活動するための
エネルギーを作り出す組織であり、ミトコンドリアが働かないことには
細胞が活動できない、本来の機能を果たすことができなくなってしまいます。

 

そして現在では、ミトコンドリアが元気に動くこと自体が
細胞を健康に・新鮮に保つために欠かせないことが分かっています。

 

 

「ミトアップハーバルエキス」がミトコンドリアを「増殖」させて「活性化」する

 

ミトコリンの主成分は、「ミトアップハーバルエキス」と呼ばれるものであり
ミトコンドリアの増殖と、活性化に関わる、数少ない成分になります。
(「唯一の成分」となっていますが、あくまで「サプリ」としての成分であり
医師の処方の要らない「サプリでの摂取」というものは、非常に価値のあるものになります。)

 

 

利用者の口コミの一部を紹介

 

利用を始めてから、体に変化が見られているという乾燥や
実際に「授かることができた」という意見も寄せられています。

 

 

また高齢出産にあたる方に、特におススメのアイテムになりますが
比較的若い女性の利用者も、多いようです。

 

ただし「若い」といっても、以前であれば高齢出産にはあたる方も多いため
やはり、そういった要素に時代の変化を感じることができます。

 

いずれにしても、「早いほどに効果的」であることは
全てのサプリ、アプローチに共通することになります。

 

>>公式ページでもっと口コミを見てみる

 

「原因が分からない不妊」はこれからも増えてくる?

 

「女性(の体)に問題があるのでは?」と考えられてしまいがちな
不妊の「原因」ですが、実は「女性不妊(女性側が要因を抱えている」と同じ割合で
「男性不妊(男性側が要因を抱えている)」も存在することが分かっています。

 

さらに、そのどちらとも言えない・原因が分からない症状も存在し
「どうしてできないのか」分からないことには、「改善策」を考えることもできるません。

 

この「なぜか分からないけど、どうしてもできない」
さらに「どうすればいいか分からない」というカップルは
不妊カップルの10%前後と考えられており

 

すなわち、カップルの2%(50組に1組)は
「原因不明の不妊に悩む可能性があるのです。

 

もちろん、夫婦のかたちはそれぞれですし
全てのカップルが、出産を望むわけではありません。

 

がしかし、様々なデータから
「2010年以降に20代以上である妊娠を望んでいるカップル」に関して言えば
以上の確率よりも、原因不明の不妊に陥るカップルが多いと考えられます。

 

それはには、やはり「晩婚化」と「出産年齢の上昇」が大きく関わっており
本来であれば「もっと早く妊活を始める」だけで、うまくいった可能性もあります。

 

 

男性側の「精子」が問題の可能性も

 

また、上記た通りに、男性側が要因を抱えているケースは
女性側のケースと、ほぼ同じ割合存在するものであり
その場合には、卵子の対となる精子に問題を抱えていることが非常に多いです。

 

というよりも、「精子の劣化による不妊」
現代における、不妊要因の一角を閉める問題でもあります。

 

妊活サプリを利用しているのは、圧倒的に女性の割合が多く
男性が利用することによって、改善する余地は非常に多いと言えます。

 

ミトコリンは、従来の・一般的なサプリと異なるものであり
価格に関しても、決してリーズナブルとは言えないものになります。

 

 

しかしながら、「今までになかった」からこそ試して欲しいアイテムであり
そもそも男性の利用者が少ないからこそ、取り入れて欲しい習慣でもあります。

 

1回に2粒入っており、「1粒ずつ服用する」といった使い方も
ぜひおすすめであり、同じ方向を向くきっかけにもなるはずです。

 

>>「ミトコリン」の公式ホームページへ

 

>>不妊治療と妊活のための総合サイトへ

 
トップ 不妊治療と妊活のための総合サイト